FC2ブログ

症例報告「頸椎捻挫(ムチウチ)」理学療法士ナカジマ




秋になりましたね~

茨城県那珂市の 整形外科 リハビリ 内科 小野瀬医院、リハビリテーション室理学療法士ナカジマです。

topbanner


症例報告をいたします。

「しっかり症状を聞いて検査をすること」

なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。




氏名:G様
性別:男性
年齢:60台後半
障害名:頸椎捻挫
現病歴:5か月ほど直進車と右折車で交通事故を起こしてしまった。首から腰の痛みがあり他院や接骨院にて治療していたが改善せず、当院のことを知り受診された。


理学的検査(理学療法士による身体評価):首の動きはほとんど行えず、痛みが出現。首の神経の検査も、筋肉の検査で異常が見られた。

触診すると、首の骨(頸椎)のひとつひとつに本来ある小さな動きがほとんど行えていませんでした。ここが原因と考え、触りながら首の骨の動きがよくなる方向を探して治療しました。

治療後は首の動きもよくなり、痛みが改善することを実感していただきました。



「しっかりと検査をすれば原因がわかる。原因を取り除けば症状は改善する」

ことをモットーにして治療しています。





痛みが出て中々治らないと、生活や趣味に不便を生じて不安になってしまいますね。
しかしこのように、理学療法士による検査を行うとしっかりと原因が特定できたり、体の一部の痛みが、思わぬ部分からの影響のこともわかります。


当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。



リハビリテーション治療は医師の処方にて行われます。
ご希望の方は診療時間中にご来院いただき医師の診察を受けてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR