FC2ブログ

症例報告『腰椎すべり症、坐骨神経痛』 理学療法士大橋

こんにちは!


理学療法士の大橋です。本日は症例報告をさせていただきます。


なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。




【疾患名】腰椎すべり症、右坐骨神経痛
【性別】女性
【年齢】60歳代

【現病歴】
何か月も前から腰から右足にかけて痛みがあり、ひどい時は歩けないほどだった。
接骨院に通いながら様子を見ていたが、歩行困難感が増強した為、当院を受診しリハビリ開始となった。

【主訴】腰から右足にかけて痛くて歩くのが辛い。


【理学的検査・治療】
初回のリハビリでは、常に腰~右足にかけての強い痛みが出現しており、何かにつかまりながら歩いている状態でした。また、起居動作(寝返りや起き上がり)でも腰に強い痛みが出現していました。
介入をしていくと、下肢筋の柔軟性が低下していることがわかり、そのため腰へ負担がかかってしまい痛みへと繋がっているようでした。

そこでリハビリでは、下肢のストレッチや腰部筋のリラクゼーションを中心に行っていき、ご自宅でも簡単にできるセルフエクササイズの指導を行っていきました。
すると開始から1か月で歩行の安定性が向上し、寝返りや起き上がりでの痛みは出現しなくなってきました。


患者様からは「すごく歩くのが楽になったよ!」とのお声を頂きました。

しかし、「リハビリの後2~3日はすごく調子が良くて、草取りや家事で色々動いてしまうのでまた痛みが出てきてしまう」とのことでした。
今度は筋力に着目しました。すると、体幹の筋力や下肢の筋力が低下していることが分かりました。特に体幹の筋力が低下してしまうと、身体を支えることが出来ず、結果として腰に負担がかかってしまいます。

そこで、今度は体幹トレーニングや下肢トレーニングの実施に加え、ご自宅でも無理のない範囲にて散歩や簡単にできるトレーニングを指導していきました。
すると、徐々に日常生活でも動ける範囲が広がり、痛みの出る頻度も軽減していきました。

当院では、患者様一人一人に合せた治療を行い、自宅でも行えるストレッチや筋力トレーニングの指導を行っています。最終的に痛みの軽減はもちろんのこと、日常生活を円滑に行えることを目標にリハビリを行っています。


腰痛や肩痛など痛みでお困りの方は是非当院にご相談ください。



当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。


今後も患者様の希望に応えられるような治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR