FC2ブログ

症例報告「変形性膝関節症」理学療法士鬼沢

理学療法士の鬼沢です。本日は症例報告をいたします。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。

性別:男性  年齢:60歳代  疾患名:左変形性膝関節症
【現病歴】
約10年前から左膝の痛みがみられており、最近になり痛みが増強し当院受診し、リハビリ開始となる。

【主訴】
歩く時と階段を昇る時に左膝が痛い。

【理学的検査・治療】
リハビリ開始時は左膝関節に中等度の痛みがあり、歩行においても体重を上手くかけられず、左膝をかばって歩いてしまっている状態でした。下肢関節において柔軟性が乏しい状態にあり、膝に負担がかかってしまっている状態でした。

まず、下肢関節柔軟性向上に向け、ストレッチやリラクセーション(硬くなっている筋肉を柔らかくする)を中心にリハビリをしました。長年かけて固めてしまった様子だったので、家でのセルフエクササイズをアドバイスして実施していただきました。本人様すごく一生懸命な方だったので効果も徐々にみられました。

リハビリ開始1ヶ月後には歩行時の痛みは改善しており、本人も仕事などで歩く時に、歩く距離が増えた事や痛みが概ね消失してきたことを感じていただきました。しかし、この時点では階段昇降においての膝の痛みは軽減しているものの残存している状態でした。

3ヶ月には階段昇降時の痛みは改善したものの、カクッと抜けそうな感じがして不安との訴えになりました。この時点で下肢関節柔軟性は状態向上し概ね問題無い状態でした。もともと筋力はありましたが、関節を支える筋肉としては乏しい部分がありました。

そこで、柔軟性へのリハビリから関節を支えるためのアプローチに変更しました。徐々に動揺も少なくなっており、動けることへのポジティブな発言も増えてきています。筋トレマシンを使用したり、スクワットなどの運動を取り入れ実施していきました。

リハビリ終了後、「何の気なしに階段が昇れるようになってきたよ。」と言っていただきました
まだ、階段への不安要素はあるので、継続してリハビリや自宅でのセルフエクササイズを継続していただきたいと思います。

リハビリをしていると自宅でのセルフエクササイズの重要性を強く思います。小野瀬医院ではリハビリを行う際に担当した方に適した様々な運動をアドバイスさせて頂いております。気になる事があれば、気軽に質問していただければと思います。宜しくお願い致します。

今後も患者様の困ったことなどを解決できるよう、少しでも患者様のお役に立てるよう努めていこうと思います。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR