FC2ブログ

症例報告『腰椎すべり症、坐骨神経痛』 理学療法士大橋

こんにちは!


理学療法士の大橋です。本日は症例報告をさせていただきます。


なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。




【疾患名】腰椎すべり症、右坐骨神経痛
【性別】女性
【年齢】60歳代

【現病歴】
何か月も前から腰から右足にかけて痛みがあり、ひどい時は歩けないほどだった。
接骨院に通いながら様子を見ていたが、歩行困難感が増強した為、当院を受診しリハビリ開始となった。

【主訴】腰から右足にかけて痛くて歩くのが辛い。


【理学的検査・治療】
初回のリハビリでは、常に腰~右足にかけての強い痛みが出現しており、何かにつかまりながら歩いている状態でした。また、起居動作(寝返りや起き上がり)でも腰に強い痛みが出現していました。
介入をしていくと、下肢筋の柔軟性が低下していることがわかり、そのため腰へ負担がかかってしまい痛みへと繋がっているようでした。

そこでリハビリでは、下肢のストレッチや腰部筋のリラクゼーションを中心に行っていき、ご自宅でも簡単にできるセルフエクササイズの指導を行っていきました。
すると開始から1か月で歩行の安定性が向上し、寝返りや起き上がりでの痛みは出現しなくなってきました。


患者様からは「すごく歩くのが楽になったよ!」とのお声を頂きました。

しかし、「リハビリの後2~3日はすごく調子が良くて、草取りや家事で色々動いてしまうのでまた痛みが出てきてしまう」とのことでした。
今度は筋力に着目しました。すると、体幹の筋力や下肢の筋力が低下していることが分かりました。特に体幹の筋力が低下してしまうと、身体を支えることが出来ず、結果として腰に負担がかかってしまいます。

そこで、今度は体幹トレーニングや下肢トレーニングの実施に加え、ご自宅でも無理のない範囲にて散歩や簡単にできるトレーニングを指導していきました。
すると、徐々に日常生活でも動ける範囲が広がり、痛みの出る頻度も軽減していきました。

当院では、患者様一人一人に合せた治療を行い、自宅でも行えるストレッチや筋力トレーニングの指導を行っています。最終的に痛みの軽減はもちろんのこと、日常生活を円滑に行えることを目標にリハビリを行っています。


腰痛や肩痛など痛みでお困りの方は是非当院にご相談ください。



当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。


今後も患者様の希望に応えられるような治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。
スポンサーサイト



症例報告「変形性膝関節症」理学療法士鬼沢

理学療法士の鬼沢です。本日は症例報告をいたします。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。

性別:男性  年齢:60歳代  疾患名:左変形性膝関節症
【現病歴】
約10年前から左膝の痛みがみられており、最近になり痛みが増強し当院受診し、リハビリ開始となる。

【主訴】
歩く時と階段を昇る時に左膝が痛い。

【理学的検査・治療】
リハビリ開始時は左膝関節に中等度の痛みがあり、歩行においても体重を上手くかけられず、左膝をかばって歩いてしまっている状態でした。下肢関節において柔軟性が乏しい状態にあり、膝に負担がかかってしまっている状態でした。

まず、下肢関節柔軟性向上に向け、ストレッチやリラクセーション(硬くなっている筋肉を柔らかくする)を中心にリハビリをしました。長年かけて固めてしまった様子だったので、家でのセルフエクササイズをアドバイスして実施していただきました。本人様すごく一生懸命な方だったので効果も徐々にみられました。

リハビリ開始1ヶ月後には歩行時の痛みは改善しており、本人も仕事などで歩く時に、歩く距離が増えた事や痛みが概ね消失してきたことを感じていただきました。しかし、この時点では階段昇降においての膝の痛みは軽減しているものの残存している状態でした。

3ヶ月には階段昇降時の痛みは改善したものの、カクッと抜けそうな感じがして不安との訴えになりました。この時点で下肢関節柔軟性は状態向上し概ね問題無い状態でした。もともと筋力はありましたが、関節を支える筋肉としては乏しい部分がありました。

そこで、柔軟性へのリハビリから関節を支えるためのアプローチに変更しました。徐々に動揺も少なくなっており、動けることへのポジティブな発言も増えてきています。筋トレマシンを使用したり、スクワットなどの運動を取り入れ実施していきました。

リハビリ終了後、「何の気なしに階段が昇れるようになってきたよ。」と言っていただきました
まだ、階段への不安要素はあるので、継続してリハビリや自宅でのセルフエクササイズを継続していただきたいと思います。

リハビリをしていると自宅でのセルフエクササイズの重要性を強く思います。小野瀬医院ではリハビリを行う際に担当した方に適した様々な運動をアドバイスさせて頂いております。気になる事があれば、気軽に質問していただければと思います。宜しくお願い致します。

今後も患者様の困ったことなどを解決できるよう、少しでも患者様のお役に立てるよう努めていこうと思います。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

症例報告「膝蓋靭帯炎」理学療法士鈴木

お体の調子はいかがでしょうか?関節や筋肉の痛み、しびれ、違和感、スポーツによる怪我などがあれば・・・

topbanner



茨城県那珂市後台 小野瀬医院 整形外科 内科 リハビリテーション科 までご相談ください。


今日は症例報告をいたします!



氏名:M様 
性別:男性 
年齢:60歳代後半 
疾患名:左膝蓋靭帯炎

<現病歴>
約10年前から左膝の痛みがあったが、最近になって痛みが強くなってきた為、来院した。歩行時・階段昇降時等の疼痛改善目的にて、リハビリ開始となる。
以前にも、当院にて首・肩・腰のリハビリをしていた。

<主訴>
歩行時、立ち上がり時、階段昇降時に左膝が痛い。特に階段昇降時。

<理学的検査・治療>
初回リハビリでは、階段昇降時に疼痛が出現し、歩行時の動揺も出現していました。特に左膝の曲がりは悪く、踵部臀部間距離は10cm程度ありました。それのせいもあり、歩行時に左下肢をぶん回しているようにも見えていました。

痛みを軽減するにしても、歩容を改善するにしても、まずこの膝の関節可動域を改善させなければと思い、ストレッチを中心に介入しましたが、多少曲がるようになるにしても、すぐに戻ってしまいました。

そこで、色々と検査を行っていくと、膝のお皿の動きが極端に悪い事に気がつきました。それのせいで、膝を深く曲げようとしても、お皿が動かない為曲がらないような状態でした。

それで、お皿の動きを良くする為に、膝のお皿に関わっている筋肉のストレッチやマッサージを施術したり、お皿を皮膚の上から直接つかんで徹底的に動かしたりして、多少お皿の動きを良くする事が出来ました。

患者様が、お宅でもこちらが指導した運動を真剣に積極的に行っていただけていることもあり、踵部臀部間距離は3cm程度まで曲がるようになってきました。

それにより、ぶん回しているような歩容も改善し、「今まで山道のようなところは安定して歩けなかったが、最近は気にならなくなった。」とおっしゃられ、効果を感じているようでした。

今回の患者様は、両膝とも極端に曲がりが悪く、患者様も諦めかけていたのですが「いくつかある膝の曲がりを制限している理由の中から一番影響が強い理由を見つける事が出来、そこを治療する事が出来た事」が良かったと思います。

今後も患者様の希望に応えられるように、しっかりとした聞き取りと検査をし、適切な治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。


鈴木 洋一

症例報告「両側変形性膝関節症」理学療法士宇留野


お体の調子はいかがでしょうか?関節や筋肉の痛み、しびれ、違和感、スポーツによる怪我などがあれば・・・

topbanner


茨城県那珂市後台 小野瀬医院 整形外科 内科 リハビリテーション科 までご相談ください。


今日は症例報告をいたします!



理学療法士の宇留野です。症例報告をさせていただきます。

なお、個人情報保護の観点から症例や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させて頂いております。

氏名:A様
性別:女性
年齢:80代
診断名:両側変形性膝関節症

現病歴:雨で地面が濡れている所傘をさして歩いていたら、滑ってしまい転倒し受傷。両膝の疼痛があり、歩行も困難だった為、当院を受診し医師の処方によりリハビリ開始となる。

主訴:歩く時に痛い。

理学的検査・治療:
初回介入では、歩行時、立ち上がり時、押された時に両膝の内側に強い痛みがありました。
膝関節を曲げた角度は右が160°、左が130°でした。
両膝の痛みが強く歩くのも大変そうで、ふらつきもありました。

治療では膝関節周囲の筋肉(ふくらはぎ、太もも、お尻)に対してリラクセーションやストレッチ、それに加えてご自宅で行って頂く自主トレーニングの指導を行いました。A様は自主トレーニングを一生懸命やって頂けており、介入4回目で初回介入時に訴えていた歩行時、立ち上がり時、押された時の痛みがほぼ消失し、歩行が安定してきて嬉しそうにしておりました。膝関節を曲げた角度は右が160°、左が140°と少し曲がる角度も大きくなりました。
しかし、自主トレーニングをやって状態が良くなってきたというのもあり、痛くなるほど自主トレーニングを行ってしまったり(3~5回程度とお伝えしたものを100回程行っていた)、歩きすぎてしまい、お尻や太ももに筋肉痛が出現してしまいました。自主トレーニングは疼痛の出ない範囲で無理なく行って頂くよう再指導させて頂き、疼痛が消失した後はとても調子良くなったとの事です。話を聞くと、以前違うケガでリハビリを行っていた時も自主トレーニングをやりすぎて疼痛が出現してしまい、自主トレーニングを制限されたとの事でした。

今回は、自主トレーニングを一生懸命にやりすぎて疼痛が出現してしまいましたが、自主トレーニングをしっかりやって頂けると状態が良くなるのも早くなると再確認しました。
外来リハビリでは、現時点だと早くても1週間に1度(40分程度)の為、その時間で筋肉が柔らかくしたり、筋力強化練習をしても、1週間何もしないと元の状態に戻ってしまうことが多いです。その分、教わったストレッチや筋力強化練習をご自宅でしっかりやって頂けると今回の方の様に状態が早く良くなるケースも多く見られます。

今後も患者様の希望に応えられるような治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。

ありがとうございました。




当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。

痛みでお悩みの方は是非当院にお越しください。

医療法人 三楽会 小野瀬医院

症例報告「右凍結肩」理学療法士大橋

こんにちは!那珂市後台にあるクリニック、小野瀬医院です。

今日は症例報告です!



topbanner




理学療法士の大橋です。
本日は症例報告をします。

氏名:O様
性別:女性
年齢:70代
診断名:右凍結肩

現病歴:1年以上前から右肩が痛かったが、そのうち治ると思い様子を見ていた。しかし最近になって左肩も痛くなり、夜寝ても痛くて目が覚める様になってしまったため当院受診し医師の処方によりリハビリ開始となった。

主訴:右肩が挙がらない。両肩が痛くて眠れない。

理学的検査・治療:
初回の介入では、腕を自分で挙げようとすると右80°左110°しか挙がらず、痛みも強く出現していました。そのうえ仰向けに寝るのも痛く、夜は座って寝ているとのことでした。評価をしていくと肩関節だけでなく、肩甲骨や胸椎の関節柔軟性、筋の柔軟性の低下もみられていました。

治療では肩関節に関与している筋肉に対して、リラクゼーションやストレッチを行い、それに加えて肩甲骨や肩関節の関節可動域練習を行いました。すると、リハビリを開始してから4カ月後に可動域は、右80°→120°左110°→130°の改善が見られました。


「朝まで痛みが出ることなく眠れるようになった」


と、とても喜んで頂いたのが印象的でした。

今回の患者様は、周りの人に「五十肩(肩関節周囲炎)は自然に治るから」と言われ、ずっと痛みを我慢してきたようでした。肩関節周囲炎では、炎症期→拘縮期→回復期と症状もそれぞれの時期で異なり、それぞれの治療法があります。

自然に必ず治るとは限らず、症状が悪化したり、長引いてしまうケースがありますので我慢はせず、一度相談にいらっしゃって下さい。

当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。

痛みでお悩みの方は是非当院にお越しください。




医療法人 三楽会 小野瀬医院
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR