FC2ブログ

症例報告「右凍結肩」理学療法士大橋

こんにちは!那珂市後台にあるクリニック、小野瀬医院です。

今日は症例報告です!



topbanner




理学療法士の大橋です。
本日は症例報告をします。

氏名:O様
性別:女性
年齢:70代
診断名:右凍結肩

現病歴:1年以上前から右肩が痛かったが、そのうち治ると思い様子を見ていた。しかし最近になって左肩も痛くなり、夜寝ても痛くて目が覚める様になってしまったため当院受診し医師の処方によりリハビリ開始となった。

主訴:右肩が挙がらない。両肩が痛くて眠れない。

理学的検査・治療:
初回の介入では、腕を自分で挙げようとすると右80°左110°しか挙がらず、痛みも強く出現していました。そのうえ仰向けに寝るのも痛く、夜は座って寝ているとのことでした。評価をしていくと肩関節だけでなく、肩甲骨や胸椎の関節柔軟性、筋の柔軟性の低下もみられていました。

治療では肩関節に関与している筋肉に対して、リラクゼーションやストレッチを行い、それに加えて肩甲骨や肩関節の関節可動域練習を行いました。すると、リハビリを開始してから4カ月後に可動域は、右80°→120°左110°→130°の改善が見られました。


「朝まで痛みが出ることなく眠れるようになった」


と、とても喜んで頂いたのが印象的でした。

今回の患者様は、周りの人に「五十肩(肩関節周囲炎)は自然に治るから」と言われ、ずっと痛みを我慢してきたようでした。肩関節周囲炎では、炎症期→拘縮期→回復期と症状もそれぞれの時期で異なり、それぞれの治療法があります。

自然に必ず治るとは限らず、症状が悪化したり、長引いてしまうケースがありますので我慢はせず、一度相談にいらっしゃって下さい。

当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。

痛みでお悩みの方は是非当院にお越しください。




医療法人 三楽会 小野瀬医院
スポンサーサイト



症例報告「右肩関節周囲炎」理学療法士鬼沢

こんにちは!那珂市後台にあるクリニック、小野瀬医院です。今日は症例報告をさせていただきます。


topbanner



まずは自己紹介させていただきます。4月から小野瀬医院に就職した理学療法士の鬼沢祐成と申します。
もともとは介護保険領域の介護老人保健施設で務めていました。
体が大きいので目につきやすいと思います!(笑) 宜しくお願いいたします。

本日は症例報告をいたします。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。

令和元年9月現在
氏名:T様  性別:男性  年齢:40歳代  疾患名:右肩関節周囲炎
【現病歴】
令和元年6月中旬より、手を挙げたり、手をつくと痛みが出現し、様子をみていたが症状改善されず痛みの増悪も見られた為、当院受診しリハビリ開始となる。

【主訴】
右肩が痛い。手をうしろにまわせない。

【理学的検査・治療】
初回リハビリでは右肩の痛みが強く、肩を自分で挙げようとすると100°しか挙がらず痛みも出現していました。肩甲骨や鎖骨の関節柔軟性が低下しており、上手く筋力が発揮できておらずアウターマッスル(表層の筋肉)で動作をしている様子でした。

肩関節に関与している肩甲骨・鎖骨の関節可動域練習、過剰に働いてしまっている筋肉に対してストレッチやリラクセーションを実施していきました。8月上旬の段階では痛みに関しては概ね改善され、可動域に関しても100°から130°まで改善が見られていました。

初回リハビリでは、痛みが出た理由は分からないとのことでしたが、再度問診を丁寧に行い同年5月初旬にスポーツをした際に無理に肩を動かしたからかもしれない・・・。との事でした。

動作確認をしたところ、脊柱(特に腰部)、股関節が硬くなっており、無理に肩関節を動かしてしまっていると推測しました。骨盤の調整や下肢ストレッチを行う事でされなる可動域改善が認められ、現在では150~160°まで改善がみられています。痛みに関しても概ね消失しています。

リハビリ終了後、「凄く楽になった。ホントに来て良かった。」と嬉しいお言葉をいただけました。

今回の患者様は肩関節の痛みでしたが、下肢からの影響が問題になっていた方でした。私は痛みのある部位(局所)をみながら、全体をみるのが必要だと感じました。なので首や肩が痛いのに歩くのを見せて頂いたり、足をストレッチすることも有ると思います。もちろん説明はしっかりとさせていただきます。もし質問などあれば遠慮なく聞いてください!

今後も患者様の困ったことなどを解決できるよう、少しでも患者様のお役に立てるよう努めていこうと思います。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。

症例報告「変形性腰椎症」鈴木理学療法士

茨城県那珂市の 人気 整形外科 リハビリ 内科 小野瀬医院、リハビリテーション室理学療法士です (^0^ノ


topbanner




本日は症例報告をいたします。

なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。

R1年8月

氏名:Y様 
性別:女性 
年齢:80歳代 
疾患名:変形性腰痛症

<現病歴>
令和元年6月中旬より、立ち上がりや歩行等で腰と膝に痛みが出るようになり、改善目的にてリハビリ開始となる。

<主訴>
ずっと座っているところから立ち上がる時に、腰と膝が痛い。歩行でも痛みが出る。

<理学的検査・治療>
初回リハビリでは腰・両膝とも痛く、立ち上がり時、歩行時に痛みの訴えがありました。体幹と下肢ともに柔軟性と筋力が低下していて、膝関節の可動域にも多少問題がありました。

ストレッチや軽負荷の筋力トレーニングを中心にリハビリを重ね、だいぶ動作時痛が軽減してきたのですが、リハビリ開始から一カ月半程度経過して来院された際、「膝がとにかく痛くて立ち上がるのもままならない。」との訴えがありました。

色々と検査を行っていくと、膝のお皿の動きが極端に悪い事に気がつきました。それのせいで、立ち上がって体重が膝に乗ると激痛が起こってしまうと判断しました。それで、お皿の動きを良くする為に、膝のお皿に関わっている筋肉のストレッチやマッサージを施術したり、お皿を皮膚の上から直接つかんで徹底的に動かしたりして、多少お皿の動きを良くする事が出来ました。

その後立ち上がっていただくと、「今までのような激痛は無くなった。」とおっしゃられ、リハビリ終了後は、リハビリ前よりスムーズに歩行して帰られました。

今回の患者様は高齢である事もあり、他にも肩や首にも痛みがあり、とにかくたくさんの症状をお持ちの患者様でした。そういった「たくさんの症状の中から一番良くない部位を探し出し、それに対する適切な治療をする事」が出来た事が、今回は良かったなと感じています。

今後も患者様の希望に応えられるように、しっかりとした聞き取りと検査をし、適切な治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。

テーマ : 整形外科の病気
ジャンル : 心と身体

症例報告「両側変形性膝関節症」大和田理学療法士

茨城県那珂市の 人気 整形外科 リハビリ 内科 小野瀬医院、リハビリテーション室理学療法士です (^0^ノ


topbanner



本日は症例報告をいたします。

なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。


氏名:M様 
性別:女性 
年齢:50歳代 
疾患名:両変形性膝関節症

現病歴:H31年12月、自宅階段から転落してから両膝に痛みが出現。化膿していたためなるべく動かさないようにしていた。それから膝を動かす時にも痛みが出る為当院受診した。

主訴:ずっと座っているところから立ち上がる時に痛い。正座が辛い。


理学的検査:
初回リハビリでは両膝とも痛く、深くしゃがみ込む、階段昇降時に痛みの訴えがありました。膝関節の可動域には大きな問題はありませんでしたが、検査を行っていくと股関節の硬さ、X脚、下肢全体の筋力の柔軟性の低下(特に大腿部)、殿筋(お尻の筋肉)の筋力低下、体幹筋力の低下等が見られました。


リハビリでは腸腰筋、大腿部(大腿四頭筋、ハムストリングス)、ふくらはぎのストレッチ、中殿筋、体幹筋の筋力トレーニングを中心的に行い、リハビリでもやった運動は自宅でも継続して頂きました。
ストレッチは20~30秒を2~3セット、筋力トレーニングは10回を2~3セットを目安に行うよう指導させて頂きました。


リハビリ開始から3回目にはしゃがみ込み、階段昇降時痛も殆どなくなり、日常生活でも困難なことがなくなったと笑顔で話されておりました。今では多少膝に違和感がある程度で痛みは改善されています。


外来リハビリでは1週間に1回程度で行っていますので、次のリハビリまで期間が空いてしまいます。そこで大切なのが『指導された運動をしっかり継続する』という事です。簡単な運動を行うだけでも痛みの改善に繋がります。


今後も患者様の希望に応えられるような治療を行い、満足して頂けるよう努めていきます。


当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。

症例報告「野球肘」 鶴田理学療法士

茨城県那珂市の 人気 整形外科 リハビリ 内科 小野瀬医院、リハビリテーション室理学療法士です (^0^ノ

topbanner


本日は症例報告をいたします。

なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。


氏名:S様
性別:男性
年齢:10代
障害名:右野球肘


現病歴:数週間前より野球をしていると右肘に違和感が出現し、最近になり痛みも出現するようになりリハビリ開始となりました。

理学的検査(理学療法士による身体検査):右肘関節前面に痛みがあり、肘を曲げたり、肩を動かす時、投球動作時に痛みが出現している状態でした。


右肘周囲以外も評価していくと両股関節外旋の柔軟性低下・胸の高さの背骨(胸椎)の動きの悪さもみられました。
野球に限らずスポーツをするうえで、股関節・胸の高さの背骨(胸椎)の柔軟性はとても重要になります。

野球において胸椎を反る動きが少なくなると(下図の赤枠の部分)肘が下がりやすくなり、肩から先が頑張りすぎてしまいます。その結果、肩や肘に痛みが出現するケースが多くみられます。

つるたぴc




今回は右肘だけでなく、胸椎・股関節にも介入させていただきました。
現在は軽く投げる程度であれば痛みなく可能な状態となっています。


「痛い場所=悪い場所」と決めつけず、「痛い場所=頑張りすぎている場所」と捉えることの重要性を改めて感じました。



今後も痛い部位と合わせて、痛みの原因となる部位へも介入し、少しでも患者様のお役に立てるよう努めていこうと思います。


当院においては運動器リハビリテーションの期限である150日間の間に、多くの患者様は症状を消失もしくは大幅に改善させることが出来ております。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR