FC2ブログ

症例報告 左肩関節周囲炎

 理学療法士の関口です。本日は症例報告をいたします。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。
・年齢:50代女性
・疾患名:左肩関節周囲炎
・発症からの経過:1年半前から痛みがあった。治ると思い何もしなかったが、徐々に悪化しているため当院受診となる。

・主訴「左肩から腕にかけて痛い」

・理学療法評価

 肩関節周囲の評価としては
・日常的な可動域制限は無いが、動作時に疼痛出現。
・肩関節2nd,3rdポジション内旋可動域低下。つまり感出現。
・2ndポジション外旋時可動域制限。50°
・speed test(+)上腕二頭筋長頭腱に疼痛
・脊柱の胸椎レベルの可動性が不足。
・肩甲胸郭関節の内転可動域の低下がみられる。
・大胸筋、前鋸筋の圧痛がみられる。

 全身の評価を行うと
・左股関節の可動性が低く体重が左下肢に乗っていない。問診を行うと普段から股関節に違和感があるとの事でした。
・足関節を検査すると、ふくらはぎの筋の伸張性が低下し、足関節の可動域が低下していました。足部の可動性も低く、歩行時に衝撃が上手く吸収できていませんでした。
・立位の状態で、徒手的に左下肢へ体重を誘導した状態で肩を動かしてもらうと動作時痛が軽減されました。このことから、肩の疼痛が下肢からの影響を大きく受けている事が分かりました。
肩関節の動きには脊柱が大きく関係します。しかし、下肢の関節が円滑に動かないと脊柱の動きに制限が発生します。そのため下肢の動きが肩関節には重要となってきます。

介入として肩甲帯のリラクゼーションやストレッチ、可動域練習を行ったうえで、下肢の治療を行い、しっかりと動かせる状態に調整しました。
初回介入後に疼痛はかなり軽減しました。肩甲帯のセルフエクササイズに加え、下肢のストレッチのアドバイスをさせて頂きました。
二回目の介入の際には「今まで肩が痛くて熟睡できていなかったけど、前にやってもらったら熟睡できた」。とお言葉を頂きました。疼痛も軽減されていました。

リハビリを行う際には疼痛部位を検査する事も大切ですが、疼痛を引き起こしている原因を見つけることも大切だと改めて思いました。「痛い部位」「頑張りすぎている部位」です。頑張らせている部位を解消する事が症状の改善に繋がります。そのためリハビリでは全身の評価をさせて頂く場合があります。ご協力ください。

痛みがある場合は当院にご相談ください。
スポンサーサイト



症例報告 両変形性ひざ関節症

理学療法士の宇留野です。本日は症例報告を致します。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させて頂いております。

【疾患名】両変形性膝関節症
【性別】女性
【年齢】70歳代
【現病歴】
元々膝の疼痛があったが、5日前から急に両膝に痛みが出現したため当院受診。

【理学的検査・治療】
リハビリ開始時は、歩くのも大変で階段昇降は四つ這いで行っていました。
膝の曲げづらさがあり、長靴を履くのも長靴を倒して履いていました。
病院が嫌いでしばらく痛いのを我慢して過ごしていたとの事で、負担が様々な所にかかっており、膝だけではなく、股関節、足関節の関節可動域の低下もあり、下肢が全体的に硬くなり、上手く使えていない状態でした。
リハビリでは、まずストレッチ、リラクセーション中心に行いました。
すると、2回目には少し歩けるようになり、3回目には長靴を普通に履けるようになり、5回目には疼痛がほぼ消失し、階段昇段を普通に立った状態出来るようになりました。

病院が嫌いで痛くても我慢してしまっているという方もたくさんいると思います。
今回の患者様のように病院が嫌いで我慢してしまうと、様々な所に負担がかかり、違うところに痛みが出てしまったり、固まってしまい、動かしづらくなってしまうこともあります。痛みがある、動かしづらいという場合は、我慢せずに早めにぜひ当院に相談をしてください。
御本人様に合ったリハビリの提供、ご自宅でも出来るストレッチや運動の提案をさせて頂きます。

症例報告「変形性膝関節症・水腫」

理学療法士の鬼沢です。本日は症例報告をいたします。
なお、個人情報保護の観点から症例は氏名や性別、年齢、出身地、傷病名、傷病にいたった具体的な内容などにおいて一部あるいは全部を改変させていただいております。

性別:女性  年齢:60歳代  疾患名:左変形性膝関節症・水腫

【現病歴】
散歩をしていたところ、右足をかばっていたら左膝に痛みがでた。
10年前から左膝には変形・痛みが見られており、痛みが強くなった為当院受診した。

【主訴】
歩くときに膝が痛い。

【理学的検査・治療】
リハビリ開始時は左膝関節に中等度の痛みがあり、両膝関節において屈曲制限(曲げずらさ)がみられており、体重をかけると痛みが見られていました。下肢関節において柔軟性が乏しい状態にあり、膝に負担がかかってしまっている状態でした。

まず、ストレッチやリラクセーション(硬くなっている筋肉を柔らかくする)を中心にリハビリをしました。
初回のリハビリ介入により、左膝関節の痛みに関しては軽減していました。

しかし、痛みに関しては完全にはとりきれない状態でした。
再度、身体の状態を細かく評価させていただきました。

そうすると・・・
右膝関節が上手く使えていない状態でした。筋力低下もしており、足首の硬さもあり、その為左膝が過剰に働いい負担がかかっていると考えました。

そこで、右膝関節筋力増強練習として、踵上げ練習やスクワット。
足首の状態向上に向けて、足趾の運動やストレッチを実施しました。
家でも自主練習として、下肢ストレッチと筋トレを行っていただきました。
リハビリ開始1ヶ月後には歩行時の痛みは改善し、日常生活での痛みは無い状態まで機能向上しました。

現在では、痛みも改善しており、筋力・柔軟性ともに向上傾向にあります。
今後、痛みが再発しないように、セルフエクササイズをアドバイスしています。


リハビリでは、痛みが無くなったら終了ではなく、その後痛みが再発しないような体づくりを意識してリハビリを行っています。



今後も患者様の困ったことなどを解決できるよう、少しでも患者様のお役に立てるよう努めていこうと思います。
痛みでお悩みの方は是非当院へお越しください。

小学校運動器検診に帯同しました。

こんにちわ!


皆様、お体の調子はいかがでしょうか?関節や筋肉の痛み、しびれ、違和感、スポーツによる怪我などがあれば・・・


那珂市後台 小野瀬医院 整形外科 内科 リハビリテーション科 までご相談ください。



topbanner



先日は、院長先生と連れ立って小学校の運動器検診に参加しました。

理学療法士の担当はもちろん「運動器」です。

先天性の運動器疾患はもちろんのこと、側弯症やスポーツ障害がないかなど、ひとりひとり丁寧に検診させていただきました。





お子さんの健診結果や症状などでお悩みの方はぜひ当院を受診してください。


リハビリテーション科では、その児童ひとりひとりに合わせた検査や予防体操の指導などおこなっています。




小野瀬医院では月~土曜の9:00-12:30、月火木金の14:00-18:00の診察を行っています。

小野瀬医院リハビリテーション科 理学療法士でした。



症例報告『左第4中手骨骨折』 理学療法士宇留野

【疾患名】左第4指中手骨骨折
【性別】女性
【年齢】40歳代
【現病歴】
障害物がある事に気付かず転倒し、左第4指中手骨を骨折。
骨折が診断されてから1ヵ月半程ギブス固定を実施。
骨が癒合しギブスが外れてからリハビリのオーダーが出てリハビリ開始となる。
【リハビリへの希望】
自転車に乗れるようになりたい。
指が曲がるようになりたい。

【理学的検査・治療】
第4指を伸ばした状態で1ヵ月半程固定していたため、浮腫みと指の関節の可動域低下がみられました。
特に第2関節を曲げると疼痛と関節可動性の低下がみられ、参考可動域100°である部位ですが45°でした。
また、第4指と同時に第5指の疼痛、可動域の低下もみられました。
仕事の関係で自転車に乗るため、ブレーキを握れるようになりたいという目標がありました。
骨折の治療のため固定期間があったため固定が外れた後は積極的なリハビリを行っていかないと関節の動きが悪いまま固まってしまいます。
積極的な関節可動域練習、ストレッチを行い、ご自宅でも自主トレーニングを積極的に行って頂けるよう伝えました。

リハビリ開始2週間:
「最初は血が通っている感じがしていなかったが、血が通ってきて、感覚が戻ってきた」とのお声を頂きました。第4指の第2関節の曲がる角度は90°とリハビリ開始時よりも曲がるようになりました。自転車のブレーキは右でかけ、左はハンドルを第1指~3指で握って運転しているとの事で、まだ握れない状態でした。

リハビリ開始3週間:
第4指の第2関節の曲がる角度は95°とまた少し曲がる角度の向上がみられました。
浮腫みもひいてきて、指のしわもでてきました。
自主トレーニングもしっかり行って頂いており、動きのスムーズさの向上もみられてきていました。
「良くなってきている」と患者様ご自身での感じられるようになり、笑顔もみられました。

リハビリ開始5週間:
手を握れるようになってきて手のひらに指がつくようになってきました。ハンドルも全部の指で握れるようになり、ブレーキもかけられるようになってきました。
最初リハビリへの希望であった『自転車に乗れるようになりたい』というのは達成しました。

今回自主トレーニングの大切さを改めて感じました。
当院ではご本人様に適した自主トレーニングの提案をしております。気になる事があれば気軽にお声掛けください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR